てるてる農園 (夕陽ヶ丘ファーマーズ)

まだ評価はありません
口コミを投稿
このエントリーをはてなブックマークに追加
平塚で自然農法による野菜メーンの青空市
【オレンジ色の野菜ポッキー!】
逸品名:
自然栽培のミニにんじん
¥200-

自然栽培とは肥料や農薬を使用せずに土の力だけで栽培する農法です。

生でポリポリとかじって自然の味とパワーを感じて下さい!

他にも旬の自然栽培野菜を販売しています。



JR平塚駅南口のなぎさプロムナード沿いにある不動産店「1-LDK」前の駐車場で週2日、自然農法で栽培した平塚産野菜をメーンとするファーマーズマーケット「夕陽ヶ丘ファーマーズ」が開かれている。

 同マーケットを立ち上げたのは、昨今の食事情に危機感を抱き、地域に「高品質」の野菜や花を提供したいと集まった1-LDK社長の小林尊臣さん、若手生産者の臼井照彦さん、横田敬一さん、大島健吾さんの4人。

 「常設のマーケットで、自然農法で栽培した品質の高い野菜を生産から販売までチーム一貫で行うことが最大の特色」と話すのは、開催場所を提供し、マーケティングや販売を担当する小林さん。「もともと日本に根付いてきた野菜のあるがままの姿や、そのおいしさを多くの人に知ってもらいたい」と話す。

 日本の伝統野菜などを無肥料・無農薬で栽培する「てるてる農園」の臼井さんが出品する野菜は約15種類。冬場は、小ぶりで皮が赤い「赤とんぼ大根」、紅白色で細長い「日野菜かぶ」、皮が赤く中が黄色いジャガイモ「レッドムーン」などの根菜類のほか、ほうれん草、リーフレタスなどの葉もの野菜、「ゆるぎかぶ」「津田かぶ」などで作ったキムチ(小400円・大600円)、「べにはるか」などの焼き芋(1本350円)も販売。無肥料・無農薬での栽培について、「『栽培者の長靴の音で決まる』と言われるほど、心と手を掛けている」と臼井さん。臼井さんの野菜を機に野菜好きになった子どもも少なくないという。

 「高品質で価値ある作物を適切な価格で販売し、ビジネスとして成り立たせることが目標」と小林さん。「ただ作るだけ売るだけでなく、心のこもったふれあいを基本に、私たちが薦める品物の価値をわかりやすく伝え、ファンやリピーターを増やしていきたい」とも。

 開催は水曜・土曜の11時30分~18時(4~10月は10時30分~19時)。問い合わせは1-LDK(TEL 0463-25-2888)まで。

住所平塚市夕陽ケ丘3-5
アクセス方法平塚駅南口から徒歩8分
TEL(1-LDK) 0463-25-2888

クーポン情報
てるてる農園 (夕陽ヶ丘ファーマーズ)のクーポン情報は現在登録されておりません。

サービス、メニューの写真


【逸品】自然栽培のミニにんじん ¥200-






担当者:臼井 照彦

湘南ひらつか逸品研究会(S.H.I.P.)のメンバーです

てるてる農園 (夕陽ヶ丘ファーマーズ)の口コミ情報

クチコミはまだありません。

口コミを投稿

てるてる農園 (夕陽ヶ丘ファーマーズ)の店舗情報

店名 てるてる農園 (夕陽ヶ丘ファーマーズ)
エリア 平塚エリア
住所 平塚市夕陽ケ丘3-5
店までのアクセス 平塚駅南口から徒歩8分
TEL (1-LDK) 0463-25-2888
FAX
営業時間 水曜・土曜の11時半〜18時(4〜10月は19時)
定休日 出店は水曜・土曜のみ
平均予算 ~1,000円
ホームページ
設備など
ジャンル 企業>農林水産